1. 総合TOP
  2. サステナビリティ
  3. サステナビリティマネジメント

サステナビリティマネジメント

The Unicharm Way ユニ・チャームウェイ

パーパス = ミッション・ビジョン・バリュー

ユニ・チャームはSDGsの達成に貢献することを「パーパス」(存在意義)と考えています。このパーパスを「ミッション」「ビジョン」「バリュー」の3つに分けて具体化しました。

まず「ミッション」とは「何を成したいか?」を明示したもので、具体的には「『共生社会』の実現」です。当社の目指す「共生社会」とは、全ての人が自立し、互いに助け合うことで、自分らしく暮らし続けられる社会です。続く「ビジョン」とは「どのようにして『共生社会』を実現するか?」を示すものです。具体的には当社の理念である「NOLA & DOLA」 (Necessity of Life with Activities & Dreams of Life with Activities)を実践することで、「NOLA」とは「生活者がさまざまな負担から解放されるよう、心と体をやさしくサポートする」ことを、「DOLA」とは「生活者一人ひとりの夢を叶えることに貢献する」という想いを込めています。そして「バリュー」とは「ミッション」「ビジョン」を支える根底にある「志」「使命感」で、当社においては全世界の社員全員で「共振の経営」という統一されたマネジメントモデルを推進することです。

The Unicharm Way 体系図 The Unicharm Way 体系図

社是(制定:1974 年)

1.我が社は、市場と顧客に対し、常に第一級の商品とサービスを創造し、日本及び海外市場に広く提供することによって、人類の豊かな生活の実現に寄与する。

1.我が社は、企業の成長発展、社員の幸福、及び社会的責任の達成を一元化する正しい企業経営の推進に努める。

1.我が社は、自主独立の精神を重んずると共に、五大精神の高揚に努め、誠実と和協を旨として、全社員協働の実をあげる。

※五大精神

①創業者の精神 ②積極進取の精神 ③質実剛健の精神 ④協働の精神 ⑤人間尊重の精神

“我が五大精神”と社員行動原則(制定:1999年)

創造と革新

・私たちは、社会に対し、新しい価値を創造することを尊重し、常に変革を求める精神を持ち続けます。

オーナーシップ

・私たちは、創業者の精神を継承し、経営目標達成のため、全社的視野での課題形成と解決に努めます。

チャレンジャーシップ

・私たちは、失敗を恐れず、限りない可能性への挑戦を信条とし、自らの能力革新をし続ける、積極的姿勢を貫きます。

リーダーシップ

・私たちは、組織の進むべき道を明らかにし、自らの意志で人を動かすことができるリーダーとなります。

フェアプレイ

・私たちは、人間尊重の精神と、高い倫理観を合わせ持ち、公正な企業活動を行います。

“信念と誓い”と企業行動原則(制定:1999年)

お客様への誓い

・我が社は、常に全力で尽くし続けることによって、No.1のご支持をいただくことを誓います。

株主への誓い

・我が社は、業界一級の利益還元を、実現することを誓います。

お取引先への誓い

・我が社は、公平で公正な関係を保つことによって、お互いの健全な成長の実現を誓います。

社員への誓い

・我が社は、一人ひとりに自信と誇りを提供し、社員およびその家族の幸福を実現することを誓います。

社会への誓い

・我が社は、全ての企業活動を通じて、そこに携わる人々、および社会全体の、 経済的かつ精神的充足に貢献することを誓います。

「三つのDNA」=「BOP-Ship」

持続的な成長を続ける当社には、創業当初から脈々と受け継がれている「三つのDNA」と呼ばれる企業文化・精神が育まれています。事業活動が日本からアジア、さらには中東・欧米など世界へ広がり、世界各国の社員が理解しやすいよう、「三つのDNA」を「BOP-Ship( BOPシップ)」と表現を改めています。

「三つのDNA」と「BOP-Ship」は、当社の活動の根幹を支える企業の価値観であり、経営トップから社員一人ひとりまでが持つ共通の価値観です。

● Best Practiceship(ベストプラクティスシップ)=(変化価値論)

ベストプラクティスを死に物狂いで集め、今までのこだわりを捨て、常にアップデートし、そのときの最高のものをスピード重視で取り入れていくことです。

● Ownership(オーナーシップ)=(原因自分論)

何事も“自分事”として捉え、主体的に考え・行動し、困難を突破していくことです。

● Partnership(パートナーシップ)=(尽くし続けてこそNo.1)

パートナーシップは利他の心で常に仲間との協働を重んじることです。協働によって社内外の垣根を越えたコミュニケーションが発生し、これがさらに発展することによってイノベーションが生まれます。

マネジメントからのメッセージ

ユニ・チャーム株式会社

執行役員 ESG本部長

上田 健次

「事業を通じてSDGsに貢献する」ことこそ、私たちの考える「サステナビリティ」です。

私たちユニ・チャームは、「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献することを、当社のパーパスとしています。この「事業を通じてSDGsに貢献する」ことこそ、私たちの考える「サステナビリティ」です。

この想いをより具体的にするべく、ユニ・チャームグループ中長期ESG目標「Kyo-sei Life Vision 2030」を2020年10月に発表しました。
「Kyo-sei Life Vision 2030」の策定に際しては、マテリアリティ(重要課題)の特定に向けてアセスメントを実施し、多様なステークホルダーにご参加いただきました。アセスメント結果については、「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」をはじめとする環境問題対応の基本的なフレームワークに沿って、さらに詳細な検討を進めました。
最終的に「私たちの健康を守る・支える」「社会の健康を守る・支える」「地球の健康を守る・支える」「ユニ・チャーム プリンシプル」という4つの分野にそれぞれ5つ、合計20の重要取り組みテーマ、指標、目標を設定しました。
この20のテーマは、地球温暖化や海洋へのプラスティック流出といった環境問題、日本をはじめとした成熟国での少子高齢化、新興国における貧困等の社会課題、パートナー・アニマル(ペット)との共生などを包括し、SDGsの17の目標と169のターゲットの達成に貢献すると考えています。

以上のようなプロセスで策定した「Kyo-sei Life Vision 2030」を確実に推進するために、社長執行役員を委員長としたESG委員会において、進捗状況や課題等について討議し、全社を挙げて取り組んでいます。
2021年の取り組み事例を少しばかりご紹介します。まず、従来以上に「環境にやさしい」「社会にやさしい」商品を開発するために、新たに「SDGs Theme Guideline」を制定し「インプット10%マイナス、アウトプット10%プラス」「SDGs達成に貢献するテーマ」を商品開発時のゲート管理の指標のひとつとして追加し、より少ない資源によって、より多くの付加価値~一人でも多くの人の悩みを解消し夢を実現することや、環境問題や社会課題の解決につながる~を創出する商品ラインナップの拡充に取り組んでいます。また、工場等で使用する電力の再生可能電力への切り替えも世界中の生産拠点で推進しています。

私たちユニ・チャームグループは、今後も全社員で「Kyo-sei Life Vision 2030」を着実に実行し、環境問題や社会課題の解決、地域社会への貢献を進めるとともに、GRIスタンダード、SASBスタンダードといった国際的な基準に沿ったESG情報開示の拡充等を通じて、お客様、株主・投資家、お取引先、社員とその家族、地域社会といった全てのステークホルダーに信頼していただける会社となることを目指しています。

マネジメント体制

ESG 推進体制

当社では、ステークホルダーの期待に応えるESG活動を具現化し、円滑に推進するための体制を構築しています。社長執行役員を委員長とした全社横断の推進組織「ESG委員会」を年4回開催し、ESGに関わる活動の共有を行い、経営に活かしています。

ESG委員会の役割

① 中長期ESG目標「Kyo-sei Life Vision 2030」および中期経営計画のESGに関する進捗状況の審議・決定。

② グループ全体のサステナビリティやESGに関するリスクと機会および重要課題の特定と対応、情報開示に関する審議・決定。

③ESGに関する審議・決定した内容の取締役会への報告。

ESG 委員会における主な取り組みテーマと分類

ISO26000
中核主題
組織統治、人権、労働慣行、環境、公正な事業慣行、消費者課題、コミュニティ参画および開発
主な取り組みテーマ
E

・気候変動: 温室効果ガス、エネルギー使用管理、気候変動リスク

・水資源:水使用、水使用量削減

・汚染と資源:廃棄物、資源使用、リサイクル

・サプライチェーン:サプライヤー方針、環境問題、持続可能なパーム油調達

・生物多様性

・環境配慮型商品の開発

S

・労働基準:児童労働の禁止、強制労働の禁止、差別禁止、結社の自由、団体交渉権、最低賃金、ハラスメントの防止

・健康、安全

・人権:デュー・ディリジェンス、子どもの権利、児童労働の禁止、地域雇用、苦情処理

・社会:コミュニティ投資、社会貢献活動

・顧客に対する責任:責任ある広告とマーケティング、顧客満足

・サプライチェーン:児童労働の禁止、強制労働の禁止、差別禁止、結社の自由、団体交渉権、最低賃金、健康安全、デュー・ディリジェンス、能力開発

・商品品質、商品安全

G

・腐敗防止:贈収賄、インサイダー取引、内部通報制度、教育、リスク評価

・コーポレート・ガバナンス

・全社的なリスクマネジメント:環境、社会、コーポレート・ガバナンス

・コンプライアンス

・税の透明性

2021年はESG委員会を4回開催し、以下の討議を実施しました。

主な討議テーマ(2021年)

中長期ESG目標「Kyo-sei Life Vision 2030」「環境目標2030」および中期経営計画のESGに関する進捗状況

・再生可能エネルギーの活用について

・「SDGs Theme Guideline」の運用について

・Sedex推進について

・ 統合レポート、サステナビリティレポートの制作方針、進捗について

ステークホルダーとのコミュニケーション

当社は、「“信念と誓い”と企業行動原則」で、お客様、株主・投資家、お取引先、社員、社会から信頼される誠実な企業活動を行うことを誓い、さまざまな機会を通じて、ステークホルダーの皆様と双方向のコミュニケーションを行っています。

このページをシェアする